スカイライトチューブ(太陽光照明):エコロジー・環境問題の嘘

エコロジー・環境問題の嘘

スカイライトチューブ(太陽光照明)

スカイライトチューブは太陽光をチューブを通して室内に送る照明。

屋根に採光用のドームと光を送るアルミ製のチューブ、部屋に拡散する散光カバーのセットです。

押入れなどに設置して外の光を反射させて部屋に到達させるのですが、曇りや雨でも生活に十分な明るさになります。

夜は普通の照明になります。


天気がいい日に暗い部屋に電気をつけるのはもったいないですよね。

導入には20~30万円かかり、電気代の節約は20年で元を取るくらいの計算だそうですが、
CO2排出量は減るし、なによりやわらかな自然光がそのまま取り入れられるので、ストレスも減るはずです。

滋賀県大津市の井之商の製品です。


スカイライトチューブのメリット
◆ 観葉植物も育ちやすい自然光。ストレスも減ります。
◆ 昼間の電気代0円でエコ!
◆ 紫外線がカットされるので家具も畳も焼けない。
◆ 熱はシャットアウト。結露もありません。
◆ メンテナンス不要。電球を替えることもないので。
◆ 2階の屋根から1階の部屋を照らすこともできます。

http://www.skylighttube.co.jp/index.html


TOPPAGE  TOP 
RSS2.0